O脚

O脚に悩む人が多いです

日本人の多くが悩んでいると言われるO脚。

O脚とはその名の通り、脚が「O」の字を描くように外側に反っていることです。

O脚は、見た目も美しくありませんし、加齢とともに、膝や股関節に負担がかかり、痛みを伴うようになってきます。

自分の体にコンプレックスを抱かないためにも、将来O脚のせいで関節が痛くなったと言わないようにするためにも、O脚改善のために、O脚とO脚の治療法について勉強していってみませんか?

O脚は、先天的なものよりも、長年の生活習慣が積み重なって形成されていったものが多いです。

特に畳の生活の多い日本では、正座では苦痛だからと、女性でよく見受けられる、お尻を畳についてしまう座りかた「女の子座り・ぺちゃんこ座り」とも言われているあの座り方、非常に好ましくない座り方で、膝と股関節を痛める座り方で、当然ですが、O脚への影響は否めません。

なぜか日本ではかわいらしい座り方として定着していますが、はっきり言って、百害あって一利なしの座り方。

日本の生活そのものが欧米化していることから、椅子に腰かけることが増えていますが、それでも床に直接座ったりすることが多いです。
こういった時の座り方や、日常の姿勢などが、O脚に影響して言っているのです。

O脚を治すには、整体などがおススメですが、せっかく矯正しても、日常生活を改善しなければ、再びO脚へと逆戻りです。

健康な体を手に入れるためにも、ミニスカートを履いたり、スキニーパンツを格好良く着こなすためにも、O脚改善を目指していきましょう!